浮気調査の費用の決まり方

探偵に依頼する浮気調査の費用は、大まかな相場はありますが、実際のところは、調査をしてみないとわからない部分があります。ここでは、浮気調査の費用の決まり方について解説していきます。

浮気調査の範囲による違い

浮気調査といっても、浮気相手がいるのかどうか?というだけのものと、浮気相手がどこに住んでいるどんな人であるのか?というものでは、調査する範囲が大きく変わります。浮気相手の住居や職場、家族構成や周囲の評判なども調べる可能性があるためです。

料金システムによる違い

基本的には浮気調査を依頼する探偵事務所ごとに、調査料金のシステムが異なります。例えば同じ「時間料金型」を採用していたとしても、配置する探偵の人数や、調査日数によって、料金が変動します。他にも経費を後から請求されるのか、あらかじめ経費が含まれているなどで違いがあります。

成功報酬型の場合なら、調査が成功した時点での費用請求なのか、着手金として諸経費を事前に請求されるのかによって変わります。

調査期間による違い

浮気調査が1日で完了するのと、1週間で成果が出るのとでは、調査料金に違いが生じます。特に「時間料金型」の場合に如実に現れます。調査機関を短縮させるためには、事前にパートナーや浮気相手などの、対象者に関する情報をできるだけ提供することが、重要なポイントとなります。

諸経費による違い

探偵事務所ごとに、請求される経費も異なります。交通費や宿泊費などでは違いが生じることは少ないと思われますが、報告書の作成や機材費などを別に請求するのか、あらかじめ組み込まれているのかによって、変わることがあります。